融資 審査 甘い

審査が不安な方にオススメなカードローン!

父がやっていた理容店を今年から継ぐことになりました。長くやってきた店なので常連さんも多く、これからも父に代わって店を守っていきたいと意気込んでいます。ただ不況ということもあり、新規のお客さんがなかなか来てくれないという悩みもあります。

そこで集客のために何かしたいと思い、フリーペーパーへの広告掲載を考えました!でも現実は甘くはなくて、思っていた以上に広告費は高く付きます。継続して広告を出していくためには、どう見積もってもお金が少し足りません。

このままでは何も変わらない・・・。そこで悩んだ私は融資を受けて、そのお金を広告費に充てられないかと考えました。これまでに融資を受けた経験はありませんが、借りられるところはきっとあるはずです。少しでも融資の審査が甘いところがいいと思い、探してみることに。

そしてたどり着いた答えはカードローンでの融資でした!銀行や公庫から融資を受けるよりもずっと簡単で、手軽に借りられるのカードローンでお金を借りることにしました!金利面も思っていたよりずっとお得だったので、そこも嬉しいポイントです。

借りたお金を使って広告を出したところ、新しいお客さんも来てくれるようになり、集客も上手くいきました!この調子なら返済する金額を考えてもしっかりと元が取れそうです!融資を受けて本当に良かったです!

融資を受けるならチェックリストを作ろう!明朗返済のすすめ

ローンの種類は色々あります。個人のローン、ビジネスローン、そして住宅ローンです。住宅ローンは借入額が高額にもかかわらず、大抵のことを個人で調べて実行していかなければならないので、返済額の見直しなど難しいというのが現状です。

そこでチェックリストを作って、現状を把握してどこを改善していけばよいかを具体的に考えてみるとよいでしょう。

例えば、返済残高や毎月の支払額、金利のタイプや現在の金利、繰り上げ返済の額や貯金額などを書面でチェックできると、実際に今どうすればよいのかを考えることが出来ます。

まずは、現在の金利と金利タイプを見比べて、今後どのくらいの金利が理想かを考え、借り換えが可能かどうかを調べると、一歩前進となります。その他、毎月の支払額と現在の生活に必要な資金とのバランスを見きわめたりすると良いでしょう。繰り上げ返済もどのくらいの頻度でしているかによって、手数料にかける額が変わってきます。

また、住宅ローン減税が年末の残高によって変わるので、年を越してから繰り上げ返済をすると良いでしょう。なので、現在受けている融資に関する見直しは、年が明けてからするのが望ましいです。

この様に、住宅ローンは長期にわたる返済なので、一つ一つは小さな見直しだと思っても、総支払額で見ると大きな違いを生み出す場合があります。毎月チェックしなくても、夏と冬のボーナス時期だけでもチェックリストを作ってみると、1年を通した改善策が見つかるでしょう。

ローンは年収に対していくらまで?

ローンと言っても、カードローンからビジネスローン、住宅ローンと色々あります。

貸金業者のカードローンの利用は、貸金業法で規制されている総量規制の対象となります。総量規制は、年収(安定した収入)の3分の1の金額を上限として規制され、借りることができるというものです。

銀行は規制の対象外なので、銀行のカードについているキャッシングシステムは、総量規制の対象外となります。

その他、住宅ローンなども総量規制の対象外となります。金融機関によって審査やローンの条件が違いますが、年収をベースにして借入額を決められる場合があります。金融機関によって金利にも違いがあり、返済方法によって総支払額が違ってくる場合があります。なので、住宅ローンのように長期にわたって返済をしていくものは特に、ご自身で調べ、納得のいく融資先を見つけることをおすすめします。

また、総量規制は個人対象なので、法人対象のビジネスローンに関しては総量規制の対象外となります。

この様に、総量規制の対象外といわれているものもいくつかありますが、最も重要なことは、目的を持って融資を必要とする以上、目的達成の為のビジョンをしっかりと持ち、返済の為の計画を立てて借り入れることが大事です。

また、総量規制は借りすぎや貸しすぎを規制するという目的があるので、そのことを念頭に置き、マイホームやご自身の会社を守る為にも、融資を希望する金融機関側としっかりと話し合い、無理なく返済できるプランを考えると良いでしょう。

借り入れ可能額ってどのくらい?総量規制について考える

総量規制とは何を規制しているものなのでしょうか。

お金が必要になり融資を希望する場合、貸金業法に基づいて定められている借入可能な額の上限を規制されているということなのです。そして、総量規制とは、年収(安定した収入)の3分の1の金額を言います。なので、その月だけの収入などは含まれないので気をつける必要があります。

しかし、クレジットカードで購入できるものなら、クレジットカードを使用して必要なものを手に入れるという方法もあります。クレジットカードでのショッピングは、総量規制の対象外だからです。

その他、どうしても現金が必要だという場合は、銀行のキャッシングシステムを利用するという方法もあります。銀行もクレジットカードと同じく、総量規制の対象外なのです。しかし、銀行のキャッシング機能が付いたカードは、取得する為の審査に時間がかかる上、若干、他のカード会社に比べて審査が厳しいといわれています。これらは銀行によって異なるので、ご自身で詳細をしっかり調べると良いでしょう。

クレジットカードの条件も、銀行でのキャッシング機能付きカードの条件も、それぞれの金融機関によって違いますので、よりご自身に合った金融機関を見つける為にも、下調べをしっかりとし、情報を得ておくと良いでしょう。

また、総量規制は借りすぎや貸しすぎを規制するという背景があるので、そのことを前提に、しっかりとした返済計画を立ってて返済が滞ることのないように注意すると良いでしょう。